悪くならないために定期的に受診する歯科医院

歯科医院とは、歯がしみたり、歯が痛くなったり、学校や会社の健診でひっかかってしまった時にだけ行くところというイメージを持たれている方も少なくないと思います。
スマイル歯科クリニックはそんなみなさんのイメージを払拭することを目標にしています。
スマイル歯科クリニックでは、普段から「悪くならないように定期的に受診する歯科医院」であるために、常日頃から定期検診を徹底することにより歯のことで日常生活に支障をきたすことがないよう、みなさんの快適な生活をサポートします。
みなさんが笑顔で来院し、笑顔のまま治療を受け、さらにもっといい笑顔で帰途につくことができる。スマイル歯科クリニックは、そんな歯科医院を目指しています。

丁寧なカウンセリング

スマイル歯科クリニックでは、インフォームドコンセントを大切にしています。インフォームドコンセントとは、医師が病状や治療について患者様にわかりやすく説明をして、しっかりと同意を得てから治療をすることです。スマイル歯科クリニックでは、まずは患者様のお話をお伺いし、丁寧にご説明いたします。患者様が納得されていない状態でいきなり削り出すというようなことはありません。まずはお口のことに関するお悩みをお聞かせください。

オーダーメイドの治療計画

スマイル歯科クリニックでは、カウンセリングの内容、審査・診断を元に、患者様お一人おひとりに合った治療計画を立てます。治療に対する考え方は患者様それぞれ違います。「早く治療を終わらせたい」「銀歯は入れたくない」「健康な歯を削るような治療法は嫌だ」など、お一人おひとりのご要望をしっかりとお聞きし、可能な限りご希望に沿えるよう、歯科治療をご提供させていただきたいと考えています。歯科医院への通院にかけられる時間や、経済的な部分もお一人おひとり違いますので、患者様ご自身が選択ができるように、治療計画をご提案いたします。

可能な限り痛みを抑えた麻酔

一般的に麻酔を注射するときには痛みを感じるものです。そのため、スマイル歯科クリニックでは、できる限り痛みの少ない麻酔方法をとったり、まるべく痛みを抑えることができる麻酔の器具を採用しています。麻酔の箇所によっては、電動の麻酔注射器を使用したり、手による麻酔をしたり、ケースバイケースで麻酔の方法も使い分けて、痛みを軽減する配慮をしています。

できるだけ大きく削らない・神経を取らない・歯を残す治療

スマイル歯科クリニックでは、むし歯の治療において、MI(ミニマルインターベンション)、つまり、できるだけ大きく削らない・できるだけ神経を取らない・できるだけ歯を抜ない治療を心がけています。むし歯の治療といっても、一度削ってしまった部分は再生することはなく、あくまで人口の詰め物や被せ物をするだけです。そのため、再治療を繰り返すうちに抜歯に近づいていってしまうのです。このようなことを出来る限り避けるために、再治療の内容にしっかりとした治療をするだけでなく、可能な限り最小限度に削り、神経を残す、歯を抜くことにならない治療に力を入れています。

噛み合わせ(咬合)から全身の健康までを考えた治療

スマイル歯科クリニックでは、噛み合わせ(咬合)を考えた歯科治療を行っています。例えば、むし歯の治療の後の被せ物の高さが合わなかった場合には、あごの位置にズレが生じるだけでなく、姿勢にまで影響が出たり、頭痛や肩こり、めまいといった症状が出てしまう場合もあります。このように、噛み合わせは数ミリ、0.数ミリといったレベルで調整しなければならない、非常に精密なものなのです。つまり噛み合わせに対しての深い知識と経験があるか無いかで、治療にも差が出てきます。また、既に噛み合わせが原因による様々な症状が出てしまっている場合に、その治療についても噛み合わせについての知識と経験が必要となるのです。スマイル歯科クリニックではこの噛み合わせを考えた治療を行っていると共に、ズレてしまった噛み合わせの治療にも対応しています。

審美性を考えた治療・メタルフリー治療に対応

スマイル歯科クリニックでは審美性を考えた歯科治療も行っています。これまでむし歯の治療では健康保険適用の金属の詰め物や被せ物が多く使用されてきました。しかし金属の詰め物や被せ物では、金属アレルギーの心配をされる方も少なくありません。また、見た目の問題があります。白い歯に金属の詰め物や被せ物をすることを良しとしない方も多くなってきました。そのため、スマイル歯科クリニックでは、保険適用のプラスチックのものから、保険適用外のより天然の歯と見分けのつきにくいセラミックまで対応しています。また、審美性には機能性も伴っていなければせっかくの美しさも片手落ちとなってしまいます。スマイル歯科クリニックでは、機能性も考えた歯科審美治療を行っています。

歯周病の治療と予防に注力

歯周病は日本人の歯を失う原因1位です。北欧などの歯科医療先進国と違い、日本人の場合、80歳になった段階で残っている歯の本数は15本程度といわれています。歯の本数は28本ですから、半分程度も歯が無くなってしまっているのです。