お子様が生涯健康な歯でいられるように

近年では、「どうせ子供の乳歯は抜けて大人の歯に生え変わるからむし歯でも放置して大丈夫」というような考えの方は少なくなってきました。 最近の歯科医院は「子供のむし歯を治すところ」ではなく、「むし歯にならないように定期的に予防に行くところ」という側面が強くなってきている傾向にあります。子供のうちからむし歯や歯周病について知っておき、定期的に歯科医院を受診し、健康に保つことは、生涯のお口の健康につながっていきます。 また、乳歯がむし歯になってしまうことで、永久歯の歯並びに影響がでることもあるのです。 スマイル歯科クリニックでは、お父様、お母様と当院が協力し、お子様が大人になっても、ご自身の健康な歯で食事をしていただくことを目標として診療しています。

子供のむし歯の特徴

子供のむし歯は大人と比べ進行が速いなどの特徴があるため注意が必要です。乳歯の特徴、生えてきたばかりの永久歯の特徴、それぞれに成人よりも弱い部分があり、要注意です。また、何度も麻酔をしたり治療を行うのはお子様にとって大きな負担であり、歯科医院嫌いの原因になってしまうこともあります。お子様にむし歯が見つかったら早めに歯科医院を受診することはもちろんのこと、日頃から最低でも3ヶ月に1回は定期健診や予防などで、歯科医院を受診しましょう。

進行が速い

乳歯はエナメル質が永久歯よりも薄い(約1/2)ため、むし歯になると永久歯よりも早く進行し、すぐに神経まで達してしまうので注意が必要です。

痛みが出にくい

子供はまだ痛覚がしっかりと発達していないことがあり、乳歯のむし歯が神経に近づいてきていても、痛みをあまり感じないことがあるため注意が必要です。

生えてきたばかりの永久歯はむし歯になりやすい

永久歯は、生えてから数年かけて唾液中のミネラル分などを吸収しながら歯質が強化されて行きます。つまり、逆に、生えてきたばかりの永久歯は、成人の永久歯に比べて、弱く、むし歯になりやすい状態であるため注意が必要です。

シーラント(予防的充填処置)

スマイル歯科クリニックでは、お子様のむし歯予防に、「シーラント」を行っています。 シーラントというプラスチック樹脂を歯の溝の部分に塗って溝を埋めておくことで、むし歯から歯を守れます。 シーラントはフッ素塗布と並んで子供にによく行われるむし歯の予防処置です。 シーラントは主に歯が生えて間もない6歳臼歯や奥歯に行います。歯の溝を埋めるシーラントですが、永久的に溝を埋めるものではありません。なのでまだ大人になる前に取れてしまうこともあります。定期検診などでチェックし、必要があれば再度の処置を施してもらいましょう。

フッ素塗布

フッ素は歯の再石灰化を促進して歯の修復を促します。 フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びつき硬い構造を作ります。 この構造で歯が作られるとむし歯になりにくい歯になります。スマイル歯科クリニックでは、歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返していますので、定期的にフッ素塗布を受けることお勧めしています。