インプラントとは

「インプラント(デンタルインプラント)」とは、歯を失った部分に、チタン製の人工歯根を埋入し、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。入れ歯のように他の歯にバネをかけて使用したり、ブリッジのように両隣りの健康な歯を削ったりすることがなく、直接顎の骨にインプラントを埋入するため、より天然の歯に近い感覚で噛むことができるようになります。

インプラント治療のメリット・デメリット

どんな治療にもメリットがあればデメリットもあります。ここではインプラント治療のメリットとデメリットの代表的なものをまとめてみました。

術前の検査

インプラントはあごの骨に直接インプラントを埋め込む手術となります。現在ではかなりポピュラーな手術と言えますが、あごの骨には神経や血管が通っている為、しっかりとした検査が必要になります。スマイル歯科クリニックでは、院内に「歯科用CT」を完備しており、従来のレントゲンの2次元画像とは違い、3次元の立体断層映像で、あごの骨や神経、血管の状態を、より精密に把握し、綿密な治療計画を立て、治療に臨んでいます。

インプラントの治療方法

インプラント治療は、専用のドリルであごの骨にインプラントを埋入するための穴を開け、インプラントを埋入します。インプラント埋入後は一度縫合し、期間をあけて、インプラントとあごの骨がしっかりとくっつくまで待ちます。インプラントとあごの骨がくっついたら、アバットメントを装着し、その上に人工の歯を取り付けます。

インプラント周囲炎とは

インプラントは天然の歯に近い見た目や噛みごこちを実現できるとしても、やはり人工物であることに変わりはありません。天然の歯でも、ご自身でのブラッシングや、定期的な歯科医院でのクリーニングを怠ることで、歯周病になり歯が抜けてしまう場合もあります。まして人工物のインプラントであれば、余計にブラッシングや定期メインテナンスなどのプラークコントロールが大切となります。これらを怠ると、天然の歯と同じように歯周病のような状態になってしまうことがあります。インプラントの歯周病のような状態を「インプラント周囲炎」といい、インプラントの脱落に繋がってしまいます。

インプラントの定期メインテナンス

インプラントも天然の歯と同じように、プラークコントロールが非常に大切となります。せっかくのインプラントを少しでも長持ちさせるには、毎日のご自身によるブラッシングと、定期的に歯科医院で行うメインテナンスが重要なのです。スマイル歯科医院ではインプラントのメインテナンスを重要視しており、患者様には定期的な受診をお願いしております。