定期検診・メインテナンス

日本人は、特に中高年の方の場合は、10年間で平均5本の歯を失っているといわれています。定期的な歯科医院の受診と歯のクリーニングを受けることで、大切な、かけがえのないご自身の歯を守ることができます。むし歯や歯周病は、歯の溝、歯間、歯周ポケットに付着するバイオフィルムによっておこります。バイオフィルムは、非常に多くの細菌が集まり生活している細菌集団です。バイオフィルムは強いバリヤーのような役割を果たし、お薬を跳ね返してしまいます。このバイオフィルムを除去するには、機械的に取り去る他に有効な方法がありません。歯科医院での定期検診の際には、むし歯ができていないか、歯周病になっていないか、詰め物や被せ物が壊れたり取れていないか、歯磨きの磨き残しがないかなどを調べるとともに、PMTC(プロフェッショナルケア=機械的なバイオフィルムの除去)で徹底的にクリーニングします。このように定期的にお口のメインテナンスを受けることは科学的にも歯を残すために非常に大切であることが証明されています。

 

定期検診の主な内容

セルフケアがきちんとできているかのチェック

ご家庭での歯磨きで磨き残しがないかどうか、毎回プラークの染め出しをして調べます。

むし歯や歯周病のチェック

むし歯ができていないか、歯周病になってはいないか、詰め物や被せ物が壊れたり取れてしまっていないかなどを調べます。問題が見つかった場合は適切な処置を早めに受けることをおすすめしています。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

ご自身のセルフケアでは除去しきれない部分を含め、バイオフィルムを、歯科衛生士が、専用の器具を使って徹底的にクリーニングします。

定期検診受診の間隔を提案・決定

ご自身によるセルフケアがどの程度しっかりできているか、現在の健康状態、歯周組織の状態などを総合的に判断した上で、むし歯と歯周病を予防するための最も適切な定期検診受診の間隔をご提案させていただき、問題が無ければ決定します。